2021/10/02(土)ホトトギスでした

何ホトトギスかは分かりませんが、ホトトギスで間違いなさそうです。
20211002001.jpg

花か雑草か微妙なところですが、フジバカマを植えたつもりだったのでどちらも山里には似つかわしい感じなので残します。

購入した方の桔梗が枯れかかっている、と思ったら脇芽が伸びて蕾がついていました。
20211002002.jpg


生き延びた、と思っていた梅は雨のかからないところに置いたばかりにまた枯れかかってました。
20211002003.jpg

雨のかかる場所に移動し、お水をあげましたがもう今年は芽を出さない気がします。
生きているかどうかは来年春までわからないかも。

2021/09/30(木)今年初めての柿

食卓に柿とイチジクが載ってました。
どこからかのもらい物かと思ったら母が我が家の畑から採って来たとのこと。
柿は今年初めて、イチジクは2度目ですが随分と前のことで最近は鳥か猿かに食べられていて我々の口には入りませんでした。
母によれば「柿ができてきたからイチジクが食べられんようになってきた」そうです。
去年は柿が今までにないほどの不作(結局一つも食べられず)でしたが、今年は豊作のようです。
20210930001.jpg


甘そうなのをむいてみましたが、柿の甘さは控えめ、イチジクはまったりとした甘さでした。
20210930002.jpg

2021/09/05(日)梅が生き延びてました

トレニアの中に梅の葉が混じっているのが見えたので、鉢を引き上げたらこの状態。
20210905001.jpg


慌ててトレニアを引き抜いたらちゃんと梅の葉がついていました。
20210905002.jpg


同じく雨不足の時期に葉を落としていた藤も葉が増えています。
20210905003.jpg


ポーチュラカもやっと元気が出てきました。
20210905004.jpg


黄色のポーチュラカはまだ元気がありませんが、それでも花をつけ続けています。
20210905005.jpg


日照りが続いたかと思うと強烈などしゃ降りという厳しい環境で枯れてしまうものもあれば生き残るものもあり、なかなか大変ですね。

2021/07/22(木)梅雨明け

今日は梅雨明けが実感できるカラッとしたお天気。
心地よい風も吹き戸外の日陰では快適に過ごせました。

まだ水やりの習慣ができていない間に梅の鉢植えが枯れそうになっていました。
20210722001.jpg


枯れてしまっているかも…。
20210722002.jpg

この時よりはましかも。今回もまた復活してくれるでしょうか。

雑草(スミレですね)も枯れかかってます。
20210722003.jpg


カーネーションは腰水でこの状態ということは根っこがやられてそうですね。
20210722004.jpg


畑や土手の雑草は水もやらないのに青々と元気なのが不思議です。

2021/07/11(日)予期せぬジャム炊き

前回の朝市で買ったスモモがとても甘くて美味しかったので今回も購入。
見た目が若干違うのとジャムのレシピが入っていたのが気になりましたが、そのままかじって「固っ、酸っぱ!」

前回のものは皮は赤く、果肉はあんず色。
今回のものは皮は緑っぽいく、果肉が赤。今回はソルダムという品種の様です。

食べきれないものや傷みかけのものでジャムを炊くことはありますが、買ったばかりのフルーツでジャムを炊くのは初めて。

バラ科の果物のジャムは渋みが残りそうで難易度が高い気がして(梅とカリンで失敗済み)気が進みませんでしたが、レシピが付いていたのでチャレンジ。

フォークでまんべんなく穴をあけます。
20210711003.jpg


50%の砂糖をまぶして。
20210711004.jpg


しばらくするとジュースが上がってくる、とありましたがフォークの突き刺しかたが甘かったのかなかなか上がらず。
砂糖の上から再度チクチク。
合計1時間ほどしてやっとこの状態。
20210711005.jpg

強火にかけ煮立ったら中火。種が離れたら取り出しトロっとするまで煮詰めて終わり。

600gほどでこれだけできました。
20210711006.jpg


梅ジャムよりは難易度低かったです。
20210711007.jpg

試食のお味は未熟なイチジクの不味さが際立ってました(^^;)
収穫早すぎたようです。
OK キャンセル 確認 その他