2019/04/21(日)藤の若葉

藤の鉢植えが無事冬を乗り切り若葉を広げ始めました。
藤(不治)という名前が嫌いな母からハラスメント(日陰に追いやられたり水をもらえなかったり)を受けていましたが、藤の生命力がかったようです。
藤の鉢植え

二股に分かれた枝があまりにくっついていたので間に石を挟んで調整中。

今年もまだ花は期待できませんが、今のところ順調です。

2019/04/20(土)シュンギクを間引きました

畑の片隅で芽を出しているものが。春菊だそうです。
間引く前の春菊

非常に窮屈そうなので、間引いていたら母が「そんなん引いてもまだたべられへんのに…」と不満そう。
農業のことはまったくど素人ですが、なんとなくこのまま放っておいたらホウレン草の様に小さいまま咲き始める気がしたので作業続行。

それでもなかなか思い切っては間引けず。
第一弾はこんな感じで。
間引いた後の春菊

少しは大きくなるでしょうか。

2019/04/20(土)ホウレン草が咲き始めました

スーパーでホウレン草をカゴに入れようとする母。
私「畑のホウレン草、もう食べられるやろう!?」
母「あんなん、食べる気せえへん、もう花咲き始めてるし…」
私「…」
この時から毎週のように間引いて食べていましたが、手のひらに乗るような間引き菜の状態で、買ったような立派なホウレン草はこれからだと思ってましたが…。

どんなんか確認しに帰りに畑に寄ったら、なるほど小さいまま花をつけています。
ホウレン草の蕾?

花をつけたホウレン草


蕾か花か種かよく分かりませんが。
花をつけたホウレン草


2回ほどしか間引き菜を食べなかった青梗菜よりはましかも。
4、5回は食べたはず。

2019/04/15(月)ホオズキの地下茎

ゼフィランサスの球根です。
ゼフィランサスの球根

地面から浮き上がって窮屈そうだったので植える場所を確保中、ミントの地下茎かと思い掘り出したら、ホオズキらしき葉が付いてきました。
ホオズキの地下茎

お盆を過ぎると放置状態なので完熟して種で増えているのだと思っていましたが、ミントに負けないほどの立派な地下茎です。
今まで知りませんでした。
ホオズキの葉

レンガや石に沿って生えてくることが多かったのですが、地下で繋がっていたのかと納得。

少し離れたところに植えなおしました。
ホオズキ

ミントに比べると細かい根が少ないので根付くかどうか分かりませんが、枯れても惜しくは無い感じ。
ホオズキに対するイメージが変わりました…。
OK キャンセル 確認 その他