2018/08/27(月)ゼフィランサス満開

台風20号が通過したのは木曜深夜から金曜早朝にかけて。
本日は月曜日。庭のあちこちでゼフィランサスが一斉に咲き始めました。

ゼフィランサス

一番古くから生えています。一度株分けというか地面から浮き上がっていた球根を取ってあちこちに植えました。

ゼフィランサス

こちらも古くから生えています。一度もいじっていないので少し窮屈そうです。

ゼフィランサス

こちらは未だ2年目くらい。ゆったりとしています。

ゼフィランサス蕾

昨日(夕方の水遣り後)はまだこんな感じだったのに朝には一斉に開花していました。

2018/08/01(水)ゼフィランサスが咲き始めました

台風が通過したのは日曜日の未明。昨日火曜日に蕾に気づき、本日水曜日には庭のあちこちで咲き始めました。
ゼフィランサスの花

ゼフィランサスの花

ゼフィランサスの花

今年初めてということはないと思いますが、私の目に映ったのは今年初めてかも。
少なくとも今年の写真には残っていません。
例年に比べると晴天続きで遅れていたのかもしれません。

2017/09/18(月)夏水仙

夏水仙

畑の端の放置気味のエリアで夏水仙が咲いているのを発見。
昔から母があちこちに植えていましたが、草引きがおっつかなくなり草刈機のお世話になるようになってから姿を消していました。

タマスダレ

庭ではしばらく前からゼフィランサスの白が咲きだしていて、花も似ているし開花する時期まで同じ。似すぎている!と思って調べたら同じ花でした(^^;)。
ゼフィランサスのピンク(サフランモドキ)と白(タマスダレ)はただの色違いで、母の好きな夏水仙は葉がゼフィランサスに比べ細くて丸いと思っていたのですが、サフランモドキとタマスダレはかなり違うよう。

ゼフィランサスの葉

タマスダレの葉を詳しく見てみたら、ニラのように平べったい色の薄い葉(一緒に植わっているサフランモドキのもの)に混じって夏水仙と同じ色が濃く細くて丸みをおびた葉が見つかりました。

「夏水仙」で検索するとキツネノカミソリに似た全く別の花が出てきますが、我が家の周辺では見かけたことは無く、夏水仙と言えばこの白い花を思い浮かべます。

2017/06/11(日)ゼフィランサスの株分け成功

ゼフィランサス

こちらが親株。
球根が土から浮き上がってきたので、はがして少し離れた場所に埋めようとしたのですが、石がゴロゴロしていてちゃんと埋められず。
母によれば、雑草が生えないように父が石を入れたとのこと。
球根の大半が地面から出た状態で放置しておいたら、根付いたようです。
ゼフィランサス

花が咲き始めました。

ゼフィランサス

咲いています。

ゼフィランサス

子供もできているようです。
8割以上根付いた感じ。育てやすい花のようです。

2016/09/09(金)ゼフィランサスの種

ゼフィランサスの実

ゼフィランサスが今年も一つだけ実をつけました。
去年はいつの間にか消えていて種が出来るのを見届けませんでしたが、今年は黒い種が覗いています。

ゼフィランサスの種

種を落としてみましたが、ぺったんこです。
風に飛ばされやすいように薄い種になっているのかと思いましたが、画像検索すると本来は朝顔の種のようにぷっくらしているようです。
残念でした。
OK キャンセル 確認 その他