2019/09/12(木)冬服作成中

冬服は正月休みに間に合えばと思ってましたが、お彼岸に間に合わせることに。
二体目の嫁ぎ先も探してくれたようで、この子を嫁に出す予定。
カットソーとジャンパースカート

ミニスカート1着分ほどのウールの生地が見つかり、それに合うような色のシャツ用の生地がないか端切れの山を掘り返しましたが見つからず、着古したヨレヨレのカットソーを廃棄予定の袋から回収(^^;)。

カットソーは裁断に苦労し、ウールのスカートは直ぐほつれてくるのでロックミシンで端の始末をしました。
扱いやすい布を買えば手っ取り早いですが、手間はかけてもお金はかけないのがモットー。

2019/07/10(水)勝負服

お人形を引き取りに来た時の初対面時にどれを着せておくか?
第一印象は結構大事でしょう。
かわいい、連れて帰りたい、と思ってもらえないと作った甲斐が無いし。

これでいくことにほぼ決まり。
20190710001.jpg


リュックも背負わせられるし。
20190710002.jpg


残りのパジャマやワンピースはタンスのなかですが、これだけは外に出して直ぐそばに置いておく(^^;)。
20190710004.jpg


作戦通りに行くでしょうか。

※2019/07/15追記
意外や意外。この格好に着せ替えられて帰ってゆきました。
ワンピース

赤い襟が気に入ったんでしょうか。
えっそっち!?という感じ(^^;)。

2019/07/04(木)脱げない人形の靴

フェルトで作った人形の靴が知らない間に脱げていて、うっかり掃除機で吸い込みそうになったり。

一番先に思い付いたのがリボンで足首に括り付ける方法。
わざわざ合う色のリボンをメーター100円で買ってきましたが、知らない間に緩んでいたり。
リボンをけちり過ぎたのか結ぶのも結構面倒な感じ。
人形の靴

つま先の飾りのリボンは白いレース+ビーズに変えた方が良さげです。

次に思い付いたのがレースを靴下のようにゴムで足首に密着させること。
育休中のママが職場に娘を連れてきた際、靴下と靴が一体化したような洗濯機で洗える靴を履かせていたのがヒント。
人形の靴

右側が最初に作った方。履かせると存在感あり過ぎだったので、左側はゴムを外側に付けレースを折りました。

脱げなくなりましたが、今度は履かせるのが一苦労(^^;)。
脱げやすいよりはましかな。

2019/06/30(日)人形用トルソー

お人形用のトルソー一応完成。
人形のトルソー

6月24日時点に比べるとまあ許せる範囲。
人形のトルソー


材料は100均で。
人形用トルソーの材料

4枚入りのコースターと長めの竹串それぞれ100円+消費税。
コースターに錐で穴をあけ竹串を差し込んだだけ。

背景の布も100均のフェルトに変更。皺が目立たなくなりました。
竹串がたくさん余りましたが、バーベキュー用に。

人形用ドレス

高さもほぼお人形と同じ高さに調整。
これでお人形を嫁に出しても冬服を作ってあげる際に困りません。

同じ型紙で人形を作っても生地が違うとちょっと太めになったり。
今回の娘はちょっと細めです。

残るコースター3枚は次に作る人形用に残しておくことに。

2019/06/24(月)廃品で人形のドレス

着せ替え人形の洋服がだいぶそろってきたのですが、ありあわせの布で作っているので華やかさに欠けるので、ドレスになりそうな素材を探していたら、レース地の端切れ発見。
似たようなピンク色の不織布が縁側に転がっていたのを思い出し拾ってきて合わせてみたらぴったりの色合い。
ピンク色のレース地と不織布


レース地は完全に端切れで、幅が広くなったり狭くなったり。
最初スカート部分を3段にするつもりが、意外にボリューム出たので2段にすれば2着できるかもと欲を出し、ウエスト部分のギャザーが少なくなってしまいました。
お人形さんのドレス


出来上がったのを試着させるのに腕を通すのが面倒になり、裏表を間違えて縫ってしまったボディ用の部分が転がっていたので、トルソーにしてみました。
人形のトルソー

綿を詰める際、先の曲がったストローを中央に差し込んでます。
台はワイヤーハンガー。最近はプラスチックのことが多くてほとんど残っておらず、探すのに苦労しました。
予想以上に硬くなかなか思い通りにはなりませんでしたが、代わりがないのでしばらくこのままで。

ウエスト部分のギャザーを出すため、フロント部分にプチシャーリング。
皺が気になるので、クリップに付いていたバラの花を拝借。
紙製だったので、安全ピンで取り外し可能にしました。
お人形さんのドレス


こちらは仕切り直しの2着目。
お人形さんのドレス

袖用の布地が足らずに提灯袖にできませんでしたが、シルエットはこちらの方がきれい。

この時点ではピンクの不織布は花束を包んであったものと思っていましたが、実は仕出し弁当を包んであったものだと判明!
わざわざ洗濯し、縁側で洗濯物をたたみ、それぞれが自分の洗濯物を引き取った結果不織布だけが縁側に残っていた、というのが真相でした。

種明かしはせず、引き渡そうと思います(^^;)。
OK キャンセル 確認 その他