2024/01/12(金)ワイルドストロベリーが色づきました

畑の北側三角エリアに植えたワイルドストロベリーが色づいていました。
20240112001.jpg

種が突き出ていて完熟状態ではありませんが、色は黒ずみ始めています。
酸っぱそうで味見する気にはなれませんが、一安心です。

花は他にもまだたくさんついていました。
20240112002.jpg


どれも果実部分が黒ずみ、赤くなりそうなのは見当たりませんでした。
20240112003.jpg


畑の南側三角エリアに植えたものも花が咲いていますが、こちらも黒ずんでいます。
20240112004.jpg


一番最初に植えた庭のイチゴは一度も花をつけませんでした。
20240112005.jpg

いくらワイルドでも痩せ切った土だと育たないようです(汗)。

日本水仙がやっと咲き始めました。
20240112006.jpg

いつもは年末に咲き始めお正月に活けられているイメージでしたが。

2023/12/15(金)アリウムの芽が出ました

植えるのが遅すぎたと心配したアリウムが無事芽を出しました。
20231215001.jpg


今のところ2つだけ。
20231215002.jpg

一緒に植えたチューリップの芽は見当たりませんが、まだ出ないはずなので心配なし。

6個目の芽が出てから止まっていたニンニクの7個目と8個目の芽が出ていました。
20231215003.jpg


どちらが8個目か分かりませんが。
20231215004.jpg

鹿か何かに食べられたのではと思っていたのでびっくりです。

先に出た方は随分大きくなりました。
20231215005.jpg

同じように植えたのに不思議です。

アリウムもそのうちポツポツ芽が出てくると期待します。

2023/12/05(火)青紫蘇の穂は出ませんでした

最後まで残っていた青紫蘇。
穂が出ないまま霜にやられてしまいました。
20231205001.jpg


探してもやはり穂は見当たりません。
20231205002.jpg


終わりが近づくと赤紫蘇は葉の裏が青くなり、青紫蘇は葉の裏が赤くなるそうですが、霜のあたっていない場所の葉は緑のままきれいです。
20231205003.jpg

草丈は1mくらいで十分大きかったですが、なんらかの理由で子孫を残せるほど成熟しなかったのでしょうか。

まだ使えそうなので、引き抜かず茶色く変色した枝だけ切り取りました。

2023/11/21(火)サフランの根の先が茶色

寒さにさらす為屋外に置いていますが、緑の葉が少しずつ伸びてきました。
20231121001.jpg


一見順調そうに見えますが、ひっくり返してみると根が短いほうの先が茶色く変色しています。
20231121003.jpg


根が先に延びた方はそれほど目立ちませんが、少し変色しているものもあります。
20231121002.jpg

庭の水やりをあまりしなくて済むようになったので、外に置いているとついつい水をあげるのを忘れてしまいます。
水切れが原因でしょうか。

短い方が浸かりやすいように、少し低くなっている手前に来るようにしました。
20231121004.jpg


水無しでも育つようなので枯れることはないと思いますが、サボテンを枯らしたこともあるので要注意です。

2023/11/14(火)ワイルドストロベリーが咲きました

一番最後に残った苗を植えた畑のワイルドストロベリーが元気です。
20231114001.jpg


一番最初に植えた庭のワイルドストロベリーは、葉をかき分けるまでもなく蕾のないのがわかりますが、込み合った葉をかき分けてみるとなんと蕾がついていました。
20231114002.jpg


咲いているものも見つかりました。
20231114003.jpg


散っているものまで。
20231114004.jpg

急に寒くなりましたが、色づいてくれるでしょうか。

コンパニオンプランツのニンニクは6個目の芽が出ました。
20231114005.jpg

OK キャンセル 確認 その他