2020/06/07(日)浴衣地で座布団カバー

ネルの座布団カバーが暑く感じられるようになってきたので、浴衣地で夏用の座布団カバーを作りました。
浴衣地は縦に使おうとすると座布団の幅には足りません。
座布団みたいにヘリが正バイアスになるようにしようとしたら開きを作るのが面倒。
接ぎ合わせるのが一番楽。
20200607001.jpg

ミシン部屋から早く出て行って欲しいと思っていた2つを組み合わせました。
自分で布を買って作るとしたらありえない組み合わせですが、意外に好評です。
まあ、この時期は涼しく感じられれば何でもいいのかも知れません(^^;)。

追記
更新後に柏餅を持ってやって来た叔母がこの座布団カバーをべた褒め。
和裁士の叔母によればいい生地だとのこと。「絣は買うたら高いんやで」と。
そう言われても他に使い道思い浮かばず、毎日使う座布団カバーにして正解だったと思います。

柏餅は写真を撮る前に無くなっていましたが、毎年同じ味がするという話から。
叔母がお姑さんから受け継いだ、美味しいと評判の餡の分量は小豆一升に砂糖一キロ、塩大匙すり切り一杯らしい。
自分で小豆一升を炊くことは無いと思いますが、秤要らずの分量で便利かも。

2016/06/19(日)手作り柏餅

今日は母を連れずに一人で買い物に行き、家に帰ったら「えらい早かったなぁ」と慌てた様子。
口がもぐもぐ動いています。
私が出かけている間に、叔母が柏餅を届けてくれていました。
糖尿で甘いものを食べ過ぎると私が怒るので、いない間にお供えした残りを先に口に入れたとたんに私が帰ってきた、ようです。
柏餅

何時もは6月に入って最初の週くらいに届くので、今年は無しかなとおもっていたら、田植えがずれて忙しかったとのこと。

柏餅

アイスコーヒーと一緒にいただきました。
作りたてだそうで、きれいにはがれました。
餡(小豆からかも知れない)から手作りで、甘さ控えめの美味しい柏餅です。

2016/05/05(木)新聞紙で兜と紙鉄砲

新聞紙の兜と紙鉄砲

こどもの日には必ず作ってもらったり作ったりした兜と紙鉄砲。
頭に兜、左手に紙鉄砲、右手には50センチの竹差し、懐かしい思い出です。
覚えているかどうか試してみました。

先ずは兜

20160505001.jpg
20160505002.jpg
20160505003.jpg
余分な部分を切り取り正方形にします。ハサミやカッターが無くてもしっかり折り目を付ければ手で千切れます。
20160505004.jpg
20160505005.jpg
20160505006.jpg
折り目を下側にし、両端を頂点に合わせて折りたたみ、上下を逆に。
20160505007.jpg
20160505008.jpg
20160505009.jpg
上に半分に折りたたみ、ツノ部分を折り返します。(このあたりでおぼつかなくなり、母参加)さらに下の紙を1枚上に折りたたみます。好みとセンスで。
20160505010.jpg
20160505011.jpg
20160505012.jpg
少しずらした部分を下の紙に合わせて折り返し、ひっくり返して両側を頭の大きさに合わせて折り、最後に残った下の紙を上に折り返して完成。

紙鉄砲

20160505014.jpg
20160505015.jpg
20160505016.jpg
縦半分に折って真ん中の印をつけ四隅を折りたたみ、上下半分に折りたたみます。
20160505017.jpg
20160505018.jpg
20160505019.jpg
さらに横半分に折り、上下を逆にして片方ずつ内側にたたみます。
20160505020.jpg
20160505021.jpg
20160505022.jpg
半分にたたんで完成。下側を持って思いっきり振ると内側に折り込んだ部分が音を立てて飛び出します。
OK キャンセル 確認 その他